その貴金属の価値、鑑定します

査定を依頼する

メガネフレームに金を使っているものがあります

40代後半になると目のピント機能が低下することでメガネを使用する人が多くいます。高齢になると、歴代のメガネを処分できずに引き出しにたくさんしまいこんでいることがあります。メガネはセルロイドやチタン製のものだけでなく、一部もしくは全部に金を使用しているものがたくさんあります。貴金属として所有していたり、金属アレルギーがあるためにチタン材が肌に合わず、この素材のフレームを使用している人もいます。金の買取と聞いて、指輪やネックレスなどのアクセサリーのイメージが強いですが、金無垢フレームは買取することができます。もう使わないメガネだからと処分せず、メガネ店へ持参すると換金性があるものかどうか無料で判断してくれます。

買取可能か査定してももらいましょう

メガネフレームは、必ず使用している材質が明記してあります。プラスチックフレームは見た目で分かりますが、メタルフレームは、なかなか自分では判断が付きません。買取業者は、メガネの刻印から素材を判断してから買取審査を行います。中にはチタンの素材に金が巻いてあるフレームがあったりするので、K18の刻印だけで判断せず、買取業者に調べてもらいましょう。また、メガネの鼻パッド部分に金が使われている場合があります。アクリルで取り囲んでいるため直接触れることができませんが、ニッパなどでアクリル部分を分解して金を取出し査定をします。メガネのネジや、ツルの部分の芯材に金を使っている場合は、解体することで査定が可能です。

フランクミュラー

ブランドの商品を売ろうと考えた場合、洋服やアクセサリー、腕時計が人気があります。フランクミュラー等の高級腕時計の場合、専門の腕時計買取業者等も存在します。他にも様々なブランド用品を取り扱っているお店もあります。

詳細を確認する

買取業者の流れ

買取業者に依頼を行った場合、買取業者には委託販売という形式で売買を行うことがあります。中古市場には様々な商品を取り扱っているお店が増えて来ており、インターネットを利用した取引も多くなってきています。

詳細を確認する

SUB MENU

RELATED LINKS

インゴットとは

インゴットは通常金属の塊のことをいいますが、18金や24金の指輪やネックレス等のアクセサリーをさすこともあります。インゴットは相場取引が毎日変動を行っており、買取価格がその日によって違います。

詳細を確認する

優れた時計

X線を扱う医師や、発電所等の磁場が発生するような場所で働いている人にのためにミルガウスの時計が作られました。パソコンや電子機器等身の回りでも磁場が発生する製品があるので、現在再度注目を集めています。買取業者でも非常に人気がある商品です。

詳細を確認する

洋服の有効活用

洋服の買取の場合、ハイブランドの洋服以外にもカジュアルブランドの洋服を売ることが可能です。シミや汚れがなるべくない状態で、臭いについても気をつけていきます。シーズンに合わせた服を売ることで値段が上がることがあります。

詳細を確認する